期待以上でも以下でもない山崎貴作品『DESTINY 鎌倉ものがたり』レビュー【ネタバレ】

スポンサードリンク
どうもワタリです。

新年2発目の映画レビューは昨年末に公開された邦画
「DESTINY 鎌倉ものがたり」です。
ネタバレしてますのでご注意ください。

DM9wkKoV4AAF3R6

48/100

一言あらすじ「妖怪幽霊とドタバタした後に妻を霊界まで助けにいきます」

邦画を劇場で見るのは鋼の錬金術師以来。

山崎貴監督作品は「寄生獣」前後篇、
「STAND BY ME ドラえもん」を映画館で観たのと
「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズや「永遠の0」をテレビ放送で見たぐらいです。