ワタリドリの手帖

映画、コンシューマーゲーム、漫画、アニメ等を語るエンタメブログです。 脱力して読めるような記事からマジな考察まで書きます。

カテゴリ: 読書

漫画『恋は雨上がりのように』10巻感想・考察/店長の「忘れたっていいんだ」の意図を探る【ネタバレ】

こんにちは、ワタリ(@watari_ww)です。今回は「恋は雨上がりのように(以下、恋雨)」の最終巻である10巻の感想です。目次1 はじめに2 恋雨10巻の感想と考察 2.1 あきらと店長、2人きりの1日 2.2 ツバメ印の手紙 2.3 彼らはなぜ離別するのか 2.4 ifストーリー: 同じ …
続きを読む

こんにちは、ワタリです。 今回は最近読んで目から鱗だった本について語ります。 扱うのは岸見一郎氏、古賀史健氏の共著『嫌われる勇気』 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え [単行本(ソフトカバー)]岸見 一郎ダイヤモンド社2013-12-1 …
続きを読む

 昨秋に映画化された朝井リョウ著「何者」について語ります。 ちなみに、記事は既読者向けのネタバレ満載になります。ご注意を。何者 (新潮文庫) [文庫]朝井 リョウ新潮社2015-06-2675/100スポンサードリンクあらすじ御山大学演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得 …
続きを読む