キングスマン!スターウォーズ!ハリーポッター!ワタリ的に2018年期待のコンテンツ

スポンサードリンク

あけましておめでとうございます。

ワタリです。
image

スポンサードリンク
2017年は当ブログを始めてから、
自分が楽しんだ映画やゲームやアニメやらの感想を書いてきました。
今年もその行動指針はたぶんブレない、と思います。
ゲームの話で言うと、任天堂が発売したSwitchが久方ぶりにカジュアルゲーマーも巻き込みつつ人気を博しました。
ゼルダ、マリオをはじめとしたキラータイトルが次々と投入され、
昨年の1月に発表されていた期待作は一通り出揃った印象。
ハードそのものの売り上げははやくも1000万を突破し出足は好調なわけですが、
すでに所有している自分としてはこれから何に期待すればいいのか?が非常に気になっています。
別のハードで言えば「キングダムハーツ3」の発売が気がかりです。
キングダムハーツシリーズの最新作は2012年に3DSに発売された
「キングダムハーツ ドリームドロップディスタンス」を最後に完全新作はブランクが生じています。
一応、昨年初頭に「キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ」に新規パートが収録されましたが、
これは「メタルギアソリッド5 ファントムペイン」にとっての「グラウンドゼロズ」みたいなもの。
発売予定となっている2018年に出るのかどうか、現段階では情報があまり出ていないので気になるところです。
スクエニはFF15で開発スピードが遅いと言われてしまったし、
FF7のリメイクもゴタゴタがあって開発環境が変更、未だに発売予定も無い段階なので
キングダムハーツはせめて無事でいてくれ!と思うばかり。。。
アニメも、この1月からスタートする「恋は雨上がりのように」はきちんと原作漫画の雰囲気を再現させられるのかが気がかりだし、
アニメのポケットモンスターは今年に終わるんじゃないかとかまだ続くのかとか心配しています。
⬆︎アニメももうすぐ放送開始!おすすめです。
そして映画の話をすると、
「キングスマン ゴールデンサークル」
「ハン・ソロ スターウォーズストーリー」
「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」
以上がとても楽しみな作品です。
キングスマンは前作を公開時に見てから、その作風の真新しさに惚れ惚れしたものです。
007に似たイギリスの紳士スパイが過激な思想を持った悪役を爽快感たっぷりに打ち倒す
ストーリーは他じゃ絶対見れませんからね。
タロン•エガートン演じるエグジーが貧民階級から一人前のスパイへと成り上がって行く過程は
面白かったし、彼をサポートするコリン•ファースやマーク•ストロングといったベテラン俳優の魅力も抜群でした。
今作はあらたなスパイ組織ステイツマンと組むことで一体どんな化学反応が起きるのか、
そして前作以上に激しくスタイリッシュなアクションに期待していこうと思います。
ハンソロはスターウォーズファンにとって鑑賞はもはや義務みたいなものでしょう。
不安要素としてはハンソロの演者がハリソンフォードではなく、アルデン•エーレイクに代わっていること。
年齢的に厳しいので仕方ないところではありますが、ハンソロとハリソンは
孫悟空と野沢雅子、サザエさんに加藤みどり(例えが俗っぽい)と同じくらい切り離せない関係だと思います。
しかし、ディズニーが指揮をとってから制作されたスピンオフ「ローグワン」が本編に
負けじ劣らないクオリティに感じたので、きっと今作も面白く作ってくれるはず。
ハン•ソロ亡き今だからこそ感慨深いものもあるのではないか、と思います。
ファンタビに関しても、ハリーポッターの世界観が覗けるというだけでご褒美みたいなものです。
前作では、ニュートとジェイコブのコンビを見ているだけでも楽しかったし、
魔法生物の可愛らしさや独自の生態も見応えがありました。
徐々に精神を蝕まれて行くクリーデンスの話は、ちょっとわかりづらさもあったのですが
原作者のJKローリングが脚本を直々に担当したとあって、
スピンオフにとどまらない、さらなる世界観の広がりを期待できる作りでした。
どれも、キングスマンだから!スターウォーズだから!ハリーポッターだから!という
超がつくほど単純な期待感ではありますが、一定の満足が保障されているのは自明でしょう。
この3作品以外にも、注目している作品はあったりしますが、メインはこのあたり。
去年は直前まで全くノーマークだった「KUBO/二本の弦の秘密」や「新感染  ファイナルエクスプレス」が
ぶっちぎりで良かったため、今年もそうした予想外を期待したいところ。
以上、自分の楽しみ事でした。
ことしも当ブログをよろしくお願いいたします。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です