ワタリドリの手帖

映画、コンシューマーゲーム、漫画、アニメ等を語るエンタメブログです。 脱力して読めるような記事からマジな考察まで書きます。

Twitterやってます。連絡orコメントはどうぞこちらに

こんにちは、ワタリです。

今回は10月27日に発売されたマリオ新作『スーパーマリオ オデッセイ』の感想。
ネタバレに関しては、ストーリーの核心部分は避けてレビューいたします。

プレイしてストーリーを一通りやりきった感想を単刀直入に述べますと

「ニンテンドースイッチを持っている人...だけじゃなくみんな遊べ!」とオススメしたいぐらい楽し です。

H2x1_NSwitch_SuperMarioOdyssey (1)



スーパーマリオを振り返る
マリオは物心ついたときから『ゼルダ』と並んで自分の中での定番のゲームでした。

人生で初めてプレイしたゲームは『スーパーマリオ64』『マリオカート64』『スーパーマリオコレクション』あたりだったと記憶してます。
他にも『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』などを発売当時プレイ。
0d657209
↑やたら難しくて、一旦投げた思い出が…

それだけに特に思い入れの強いゲームシリーズです。

ゼルダのほうは任天堂Switchのローンチソフトである『ブレスオブザワイルド』が
革命的かつ入念な作りを評価され、ゲームファンの間に熱気をもたらしました。
かくいう自分も時間を忘れて猿のようにハマりました。
e901c8ca
↑超がつくほどの傑作なのでみんなやろう

それより約半年遅れてマリオの本流が登場。
今作は『スーパーマリオサンシャイン』以来となる箱庭ステージ型のアクションゲームです。

これは、個人的にとても嬉しかった。

自分はルートが予め設定されたゲームが好きではなく、
好きな道や進め方を選択できるほうが好みだったため『ギャラクシー』以降の3Dアクションでは、
ステージ選択の強制感と一本道気味のステージ構造に正直あまり魅力を感じませんでした。
cf7a8ae2
↑FF13は自分には合わなかったですね

それが今作では、ステージに隠されたパワームーンを集める順序はほぼプレイヤーに一任され、
自分の思い通りに探索するできるようになったのです。

昨今のオープンワールドに比較すると、ステージひとつの広さはさほどでもありませんが、
バリエーションを多く用意しているため、世界観に広がりや開放感があります。

新要素としては、帽子で敵を攻撃したり足場を作ったり物に干渉する「帽子投げ」と
帽子を被っていない敵に乗り移る「キャプチャー」が目玉。
super-mario-odyssey-2017113174337_1


これらは今年のE3のトレーラーにて披露された新要素。
そのトレーラーはものすごくハイセンスなので必見です。

主題歌Jump Up, Super Star!と合わせてマリオの壮大な冒険が描かれる様は病みつきになり
筆者は100回見たほどです。


舞台となる国々もキノコ王国とは別の、遠く離れた場所にあるということで、

今までのマリオシリーズとは趣がえらく異なっています。
とある国では(ヨッシーではなく)リアルな恐竜
24129941_1996522783961889_5962334501214045001_n

また他の国では(マリオのようなデフォルメ体型ではなく)リアルな頭身の人々が出てきます

23905320_1996522613961906_3224353285913058871_n

テーマである「旅」の如く、
プレイヤーに初めて訪れる外国の驚きと感動を与えてくるのです。


また、シリーズ初のボーカル曲をテーマソングとして採用するなど、
新境地にチャレンジする姿勢があちらこちらで見て取れますね。

従来のマリオの良さと、それでいてステレオタイプに囚われない新しいチャレンジ。
そのどちらもが機能し、相互に作用しあうことで誰もが楽しめる
最高のオモチャ箱になっていると感じました。

冒頭書いたとおり、
マリオを知る人も、知らない人も、
普段ゲームを遊ぶ人も、遊ばない人も、一度は触れて欲しい。
スーパーマリオ オデッセイは最高峰の3Dアクションゲームです。



箱庭で表現されたプレイルームの数々
今作ではそれぞれ趣の異なる様々な国に訪れることになるのは宣伝でも触れられている通り。
23844766_1996522270628607_6878124152429822711_n
↑飛行船オデッセイ号はインテリアも凝っています

今までの3Dマリオシリーズを振り返っていくと
スーパーマリオ64のピーチ城(正確には絵画の世界)、
スーパーマリオ サンシャインのドルピック島、
スーパーマリオ ギャラクシーの宇宙など
どれも舞台となるステージの基本的なコンセプトは統一されています。
一部例外はあるものの、限定された場所や地域でゲームが進行していました。

近年では、オープンワールドゲームに代表されるように、
最近のコンシューマーのビッグタイトルはだいたいが「活動領域の広さ」や
「話のスケールの壮大」さを打ち出したものが主流になっています。

FF15-2-1
↑国産RPGでオープンワールドに乗り出す作品の例

Switchのローンチタイトル、
ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドもそうした時流に合わせたものでしょう。

そんな折に本格的なマリオシリーズが出るわけですから、
当然プレイヤーの遊び場については力を入れざるを得ない部分でしょう。

結果として、オープンワールドに追従し絶大な評価を得たゼルダとは、
別方向から大きな世界を表現する手法を取っています。

それが今作の箱庭ステージであり、3Dマリオの原点。
「旅」というテーマを掲げ、それぞれのステージでは見た目の雰囲気はもちろんのこと、
構造も仕掛けも異なっています。

建築物が立ち並ぶ「都市の国」では、
マリオがビルの間を壁ジャンプで飛び移ることができますし
また登った先から別のビルへジャンプするというおっかないアクションまで可能。
big_1484376574_image

24059212_1996523153961852_8734692251654637841_n

水がある「海の国」では、その中を泳いでパワームーンを集めたり、
とあるギミックを利用し水上スキー!
23844795_1996526077294893_4191966684886442286_n

砂漠が広がる「砂の国」では、障害物が少ない所で好き好きに転がったり、
跳ねまわったりできます。
24058701_1996527527294748_5603881078083259260_n

「料理の国」では、コンセプトが料理であるため、道端の岩が野菜だったり、
煮立ったマグマがカラフルだったり、チーズが道を阻んでたりと、
ゲームでありがちな溶岩ステージさえも、新鮮に作り変えられています。
23844692_1996525910628243_3489201644524158324_n

このように「国の景色」と「ゲームの遊び」がしっかり結びついていながら
多様に設えられたコンセプトの数々は、
特定の場所だけを舞台にしてはなかなか実現できないことです。

ステージの数は伏せますが、バリエーションは豊富。
住んでいる人やその国の名物もなかなか凝っているため、見応えあり。
24058847_1996521400628694_9031410899027196726_n
↑ガイドブックにもちゃんと国のデータがそろってる!細かい

ストーリーを進める中で、もっといろんな国へ行きたい!というモチベーションで
飽きずに遊ぶことができます。


あくまで箱庭であるため、ステージの中身がきちんと作り込まれているのも素晴らしい。
ひとつの道を進むにしても、
プレイヤーの技量次第で、多少無理をしてショートカットをしたり、
キャプチャーに頼るべき場面でも素のマリオ状態で飛び越えたりも出来てしまいます。

「ここちょっと怪しいな…」と思ってアクションしてみると
何かしらの反応が返ってくる
ので
「行って見たけど何も無かった」という事態もほとんど起こりません。
箱庭の中身はまさしくオモチャ箱なのです。

そろぞれのステージの広さ自体は、オープンワールドゲームにはまるで及びませんが、
あらゆるギミックや地形、キャプチャー対象が密接にリンクし、
幅広いプレイヤーの遊び場になっている
のは
アクションゲームの総本山であるマリオの為せる技と言えるでしょう。



童心に帰れるキャプチャーアクション
個性豊かで作り込まれた複数の箱庭を冒険するワクワクに加えて
キャプチャーを使って物体に乗り移る高揚感も凄かった!
24059070_1996521303962037_5805244334729560121_n
↑今作の相棒、キャッピー(どう見てもハット帽)と手を組み、
世界を旅するマリオは、今回敵や物の能力も借りていくことになります。

今までのマリオシリーズで登場していた敵はもちろん、
旅先で出会った生物や置物にさえ乗り移ることができます。

「こんな物まで!?」という驚きをほぼ毎ステージ提供してくれるので
やはり飽きがこないのです。

発売前の宣伝に映っていた物だとリアルな恐竜がインパクトありましたね。
24059210_1996533663960801_7555318630834219540_n

実際のゲームでも恐竜に乗り移って、今まで倒せなかった敵や壊せなかった物があっさり
破壊できてしまう無敵っぷりは爽快。

マリオで無敵というと、どうしてもスターを取ることがその手筈でしたし、
恐竜にしてもスーパードラゴンのヨッシーがいたため、それに縛られがちでした。

しかし今回は旅をテーマにしているので、外国にあるものを活用していくスタイルになり
それがキャプチャーアクションの驚きと楽しさに繋がっているのですから
ほんとうに各要素がうまく噛み合っています。

従来の敵キャラだとクリボー、ワンワン等もキャプチャーすることができ、
3Dマリオシリーズ史上初めて(?)彼らを動かせるのは感慨深かったですね。
23905580_1996522167295284_2437307339538772625_n
↑写真とったら目を瞑ってた

クリボーは他の個体に乗っかってタワーになるという謎の生態を見せ、
ワンワンは引っ張った反動を利用してオブジェクトを壊すようになっているなど、
既存の要素もキャプチャーによって新たな一面が加わりました。
23915733_1996521847295316_1061999670473162997_n

今までマリオをやってきた人ほどキャプチャーの新しさを楽しめるし
初めてマリオをやる人だってキャプチャーの面白おかしさを満喫できるようになっています。

キャプチャーは既存のマリオらしさと新しい軸の遊びを融合させることに成功している
感じました。

一人で黙々とやっていても良し、
複数人でわいわいやるにも2人モードの存在のおかげで
パーティゲームのように盛り上がれるようにもなっています。



何となく集めちゃうパワームーン
今作では3Dマリオでは恒例だった
「ステージ選択→ミッション選択→現地へ」という形式ではなくなり、
国から国への移動で選択したら、あとは
プレイヤーが好き好きに
パワームーンを探しに冒険する形式です。

これの良いところは、プレイの連続性・持続性が高まり、
止め時というものが見つからなくなるぐらい、
ゲームが小気味よく進んでいくことでしょう。
24068245_1996521960628638_7671871554844018996_n

隠されたパワームーンは、探し回らないでも割とそこらじゅうに落ちていたりするため、
とりあえず必要な分はサクサクと集まっていきます。

この集めやすさは、気軽に出来るNintendo Switchのスタイルともとても噛み合っています。

(一部の例外を除いて)ゲットした後にロードを挟んだり、

スタート地点に戻されるということもなく、
ひとつ見つけたら「次はどこ?」という具合に
テキパキと
行動をシフトさせていき、気付いたらかなりの数集まることでしょう。

本当にちょっとした事でもパワームーンという形でご褒美が貰えるので

プレイヤーが「徒労だった・・・」と思う間も生じにくいのです。


今回は残機の概念もなくなり、ゲームオーバーもありません
ので、

恐れることなく、箱庭を探索できるのも、このゲーム性に非常にマッチしていますね。
24058735_1996527253961442_3813024734657813124_n



素人から玄人まで楽しめるアクション
今作は新アクションとして帽子投げが追加されました。
これは、先述のキャプチャーをするための動作であるほか、
設置されたギミックを発動させたり、単に物を壊したりするのに用います。
23844671_1996534753960692_3741764445247816931_n

Yボタンに振り分けられていますが、
コントローラーを振っても帽子は投げることができるので、
直感的に操作できて意外とやり応えがありました。

これはかつてWiiでやったゼルダの伝説 トワイライトプリンセスを思い出す操作感。
あのゲームではWiiリモコンを振って剣を振っていたのですが、
今作ではそれが帽子。

帽子の投げ方はコントローラーの振りの動きにも反応し、
斜め投げや上投げ、下投げなど、変化をつけることもでき、
活用する場面はあまりないですが、なかなか面白い。

苦手な人でもぶんぶんジョイコンを振り回してるだけで
一応の楽しさは得られるというわけです。


これが上級者になるとYボタン操作が重要。

ホールド(空中で停止)して足場にし、距離を稼ぐこともできます。

慣れた人が扱うと横にも縦にも大移動できる超強力なアクションにはやがわりし、
これがRTAなどでは基本動作にもなっていて、
物理法則を無視しまくるマリオはなかなかシュール。

今作ではヒップドロップからの飛び込みジャンプを空中で発動可能、
ヒップドロップ後のジャンプは通常よりも高くなる等
本当に上下左右、縦横無尽に駆け回れるのです。



初心者には感覚的に楽しみながら、
手ごたえあるアクションを
なんとかクリアしていけるように設計されている。

一方で上級者には道を外れたり、独自のルートを開拓しつつ、

高度なテクニックを駆使して楽々クリア…なんてこともできてしまいます。

ルートが定められていないという進行上の自由度と合わさって
アクションゲームとしてはこれまでにない程、開放感に満ち溢れた作風。
「誰でも楽しめるし、楽しみ方は十人十色」と言わんばかり。
それがスーパーマリオ オデッセイなのです。
23844431_1996523007295200_8614284872709507790_n
Let's do the Odyssey!
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット